似ているようで対極な恋と愛。(blog)

2015年3月2日

748x453xdd67ce5f3d5a81c250e5b8f3f5dfaa44.jpg.pagespeed.ic.x_cXUq1mkJ

わざわざ書くまでもないとは思ったが、今日は「恋」と「愛」、そして、それに似ている「依存」について書こうと思う。

私にとっての恋と愛とは、

恋↔愛は、対極。
恋≠愛。恋と愛は似ているけど全然異なるもの。
恋+愛も成り立つ。これが理想だが、ほとんどのカップルには存在しないと思う。

もしかしたら、矛盾しているかもしれないけれど、私にとっての恋と愛はこんな感じです。

具体的に私が思う恋と愛、そして依存とは、

恋➡相手のことを、全く知らなくてもできるのが恋。皆が言う愛は、大抵 恋。
ドキドキしたり、異性として意識したりすること。
もちろん、よく知ってからも永遠に続く恋もある。

愛➡相手のことを熟知していないとできないのが愛。
これは相手のことを全く知らずに起きる感情ではない。
※ここで言う愛とは、異性愛。

依存➡恋と少しだけ似ているようで、全く違うのが、依存。
相手のことを全く知らなくてもできるのが依存。
恋と愛の中にも若干存在するが、依存だけでも成り立つ。
つまり、恋と愛が全くなくても成り立つ。
正直、これだけが説明が難しい(>_<)(説明できるようになったら、更新するつもり) 私にとっての、恋と愛と依存。はこんな感じです。 恋と愛と、多少の依存があるのが理想的かなと思います。(*^^*)  

 

 

↓応援して頂けると嬉しいです(*´∀`)

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつもコメントありがとうございます!
是非遊びに行かせてもらいます(*´∀`)

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です