依存症。(blog)

2015/06/24

AJG_waretachokore-to500_2

今日は、依存症について、書こうと思う。


依存症が何故、いけないことだと言われているのか。

だって、依存は、少なからず誰しもがしている。
全く依存のない人はいない。

「だから依存は間違っていない。
むしろ肯定すべきだ。」

そう思う人は沢山いると思う。

 

だけど、世には、「愛のない依存」が存在する。

それが所謂、「依存症」だと思う。

 

ネット依存、恋愛依存・・・

その他、多くの依存症が存在するけれど、、
今回は、人と人との間に生まれる、依存症について書こうと思う。

 

依存症に陥りやすい人は、
(説明がとても難しいが、)愛が足りなかった結果、なのではないかと思ったりする。
(「愛」についての記事は、また後日書きたい。)

 

愛のない依存は、悲劇のようにしか見えない。

相手を愛していないのに、愛しているような気持ちになる。

彼らの心の距離はとても近すぎるので、一見ものすごく安心するが、同時にイライラもすることもある
近すぎるので、お互いが見えない。

相手を、自分の都合の良いように、コントロールしようとすることもある。

お互いの時間を尊重しない。
お互いを縛り上げるので、苦しいと感じることもあるが、それを快感に思うこともある。

そして、他者から見て、時にそれは暇潰しのようにも見えたりする。

 

その関係は、他者愛でもなんでもなく、自己愛の延長上にあるように思う。
お互いの自己愛、もしくは片方の自己愛と、合致しているのだと思う。

相手の気持ちを尊重できないものを、愛とは言わない。
見返りを求めるのなら、愛とは呼ばない。

また、お互いを知り尽くしていないものに、愛という言葉は相応しくない。(此処で言う愛は、異性愛のこと。)

それは、ただの一方的な恋、もしくはただの依存だと思う。
そこに、愛は存在しない。

 

 

 

「愛がずっと続く場合はあるが、恋はいつかは終わる。」と言う人もいる。
私もずっとそう思ってきた。

だけどそれは、都市伝説だと思っている。

その事については、また後日書きたい。

 

 

 

↓応援して頂けると嬉しいです(*´∀`)

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつもコメントありがとうございます!
是非遊びに行かせてもらいます(*´∀`)

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサードリンク
スポンサードリンク

『依存症。(blog)』へのコメント

  1. 名前:Damsel 投稿日:2015/06/24(水) 21:50:08 ID:f7e205269 返信

    こんばんは
    はじめましてDamselと申します。
    「自分をケシタイ」の
    なおさんのブログからリンクして来ました。

    ザーッと目を通しただけですが、
    色々と真剣にお考えになってすばらしいです。

    • 名前:ほわいと 投稿日:2015/06/26(金) 21:05:29 ID:1772a90db 返信

      Damselさん、コメントありがとうございます☆

      す、すいません!!
      コメントが、スパムに入っていました(ToT)汗
      無視したわけではないので(>_<;)!! すばらしいと言われて、とても嬉しいです☆ ありがとうございます(*^^*) これに懲りずに、また遊びに来て頂けると嬉しいです(^o^)

  2. 名前:とりけら 投稿日:2015/06/24(水) 22:36:00 ID:6a92f3feb 返信

    前に述べていた恋と愛と依存の違いの話に繋がるんですね。
    僕は依存は自立の反意語だと考えていましたが、言われてみるとそんな単純なものではないように考えさせられます。
    深いですね…(>_<)

    • 名前:ほわいと 投稿日:2015/06/24(水) 23:34:08 ID:59e74b3d8 返信

      とりけらさん、こんにちは☆
      コメントありがとうございます(*^^*)

      そうなんですね!自立の反意語というのも一理あるかなと思いました(^o^)

      またコメントくださいね~♪(^^)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です