「カナリア」過去の詩。

2015/07/21

4367400326_7a2013239f

「カナリア」

いつか落とした幼い夢は

置いてけぼりで

孤独に怯えて我を忘れた

無邪気な願いも

月日がきれいに消し去った

あの日漏らした希望の光

願いも無残に

迷うことさえもう諦めた

大丈夫だよ

優しい声も

この体温じゃ

一瞬にして寒さで凍る

笑っていれば

生きていれば

そんな言葉もう聞き飽きた

きれいな毒を

優しい顔して振りまくのなら

もうこれ以上近付かないで

独りでいいから

解らないと無理しなくても

もう求めないから

嘘には罰を

傷には愛を

今のあたしに生きる力を

by ほわいと      

↓応援して頂けると嬉しいです(*´∀`)

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつもコメントありがとうございます!
是非遊びに行かせてもらいます(*´∀`)

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です